フランチャンズ会社の活用法を解説【小売業で成功しよう】

ウーマン

費用を抑える方法

店員

パソコンを活用する

posレジシステムを新規で導入しようとした場合、既存のレジシステムをすべて新品に交換することになります。複数店舗に設置している複数のレジシステムを本部に連動させることがposシステムの概要になりますので、その設置費用はコストとして無視できない内容になります。便利なシステムなのですが、コストメリットが発生するまでに時間がかかることと、分析などを行い効果を出せるようになるまでに時間を要します。また、利益水準の向上に至っては、必ずしも効果が追従するとは言い切れないのも事実となっています。そのため、巨額な資金を投資してposシステムを導入することは投資にもなりうるのが現状となります。コストをかけずposレジを導入する方法もあります。パソコンやタブレットなどすでにインターネットに接続されている端末を利用する事です。これを活用することで、ソフト導入の費用程度のコストで導入することができるようになります。レジシステムがすでにパソコンを利用している場合には、この方法によるデメリットも発生しません。もともとパソコンを利用している場合、すでに連動される仕組みが採用されている事も多いため、新たに導入するのは、新しいソフトになることが多くなります。有料のソフトや無料で利用できるものも多数出ています。新しいソフトに変更したいという要望にも簡単に応えることができる点もメリットになっています。タブレットは持ち運びすることもできるのです。